歯周病は治せます。愛媛県宇和島市 林歯科医院

歯周病の問題点

  • HOME »
  • 歯周病の問題点

気づいたときにはすでに・・・

歯周病の怖さのひとつに、ある程度病状が進むまで痛みなどの自覚症状が出にくいという点があります。しかも腫れたり落ち着いたりを繰り返すため、ますます放っておいてしまいがちだったりするんですね。そのため、歯科医院に行く決心が出来た頃にはもう中等度、あるいは高度にまで進んでいたりするケースが多いのです。

なくなった骨は帰ってこない

歯周病によって歯のまわりの骨がなくなるというお話をしました。そのために歯がのびたように見えるのですね。さて、その失った骨は歯周病の治療によって取り戻すことは可能なのでしょうか?

じつは、切り傷が何も無かったかのように治るのと同じようなわけにはいかないのです。歯を削ったら戻らないように、歯のまわりの骨も再生することはありません。(微妙に再生する技術はありますが・・・)

ですから、歯周病に関しては”治る=現状維持で進行を止める”ということです。そう考えると、出来るだけ早く治療する。もっと言えば、ならないように予防することが重要ですね。

歯周病菌が心臓の血管で発見された?

歯周病と心臓病この数年で歯周病が全身疾患と関連することが
明らかになってきました。
はじめは医科の先生も半信半疑だったのですが、
今では糖尿病の第6の合併症として、専門誌でも
取り上げられています。

その他、心臓疾患、肺疾患、脳梗塞や早産の原因
となることがわかってきました。
実際、心臓病の手術で心臓の血管からいるはずの
ない歯周病菌が発見されたという報告もあります。

お口は健康のバロメーターといったりしますが、
まさにその通りのようです。

 

歯周病は再発する?

歯周病は歯周病菌による感染症であることから、再感染のリスクは常にあるわけです。ここにも生活習慣病たるゆえんがあるのではないでしょうか。再発防止の努力は一生やり続けないといけないわけです。ということは、歯周病予防を習慣化するしかないということですね。つまり、歯周病にならない日常生活をおくる習慣を身につけるということです。

予防し続けるということ

YouTube Preview Image

歯周病治療なら林歯科医院 TEL 0895-22-0962 月,火,木,金曜日 9:15 - 18:00
水曜日, 土曜日  9:15 - 13:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

歯周病撃退無料メール講座のお申し込みはこちらへ

お名前とメールアドレスをご記入の上、送信ボタンを押してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

タグクラウド

No tags.
PAGETOP
Copyright © 医療法人 林歯科医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.